ほないこかのドラムの実力は実力者から見ても悪くない?評価を集めてみた!

スポンサーズリンク

top2

ゲスの極み乙女のドラマーであるほな・いこかさん。最近はタレント活動も始めたようですが、本業はドラマーですよね。ドラムスとしての実力としてはどんなものなのでしょうか?経験者・実力者からの評価を調べてみました。

ほな・いこかのプロフィール

hona

出生名 佐藤 穂奈美(さとう ほなみ)[21]
生誕 1989年8月22日(27歳)[12]
出身地 日本東京都
担当楽器 ドラムスコーラス
活動期間 2006年 –
共同作業者 ゲスの極み乙女。
マイクロコズム

出典:Wikipedia

ほな・いこかさんはドラムス担当。インディーズ盤度である「マイクロコズム」のドラマーと兼業しています。

かわいすぎるドラマーかつドSな女王様としてファンからはいこか様と呼ばれています。

高校時代からバンド活動は行っているものの、本人曰くギターについて「天才的に才能がない」と評してドラムに移ったようです。邦楽で影響を受けたアーティストはSUPER BUTTER DOG。ファンク系楽曲が好きなようです。

実は元々音楽活動とは別に2002年ごろから2004年ごろにかけてテレビと舞台でタレント活動をしていて、小学館開催の「2002年ちゃおアイドルガールコンテスト」にて審査員特別賞を、映画「スワンズソング」(02年公開)のキャストオーディションでも、グランプリを受賞していたという実力派。

今回の活動でタレント活動は再開ということになりそうです。

ほな・いこかのドラムスの評価はドラムを知っている人からも上々?

そんな、ほな・いこかさん。ドラムスについてはある程度定評があるようです。

しかし、特別音楽業界の人から名指しで言及されるほどではないようです。

とはいえ、スポーツ報知では記事の末尾にこのような形で紹介されています。

ほなは、ドラムスの腕はもちろん、ドSな女王様キャラでも人気で、ファンからは「いこか様」とあがめられている。

出典:スポーツ報知「「ゲス極」美人すぎるドラマー・ほないこか、女優業に進出」

多くの人が見る大手のマスコミでも、ドラムスの腕はもちろんと言える程度にはうまいという扱いになっているようです。

インターネット上の評価でも下手と言われるほどではない?

また、インターネット上での評価を集めると次のような感じのようです。

素人が雰囲気だけで裏アクセントを叩くと、頭拍をないがしろにしてしまい中途半端にルーズなビートになってしまっているのをよく耳にする。

こういったテクニックやビート・・・まだまだ発展途上だが基礎が無いと出来ない芸当だろう。

出典:サイタ「ドラム教室・レッスン」

と、言われてみたり、

ほなさん、下手な人ではないですが、細かいことをやりすぎているような気がします。その辺を『ドラムが浮いている』と言われればそれは仕方ないかなとは思います。

あと『ドラムの音』が浮いています(笑)。ボーカル、ギター、キーボードにはリバーブがかかっているのに対しドラムはほとんど生音に近く、音場が違ってしまっています。(これはミックスダウンの音作りの問題です。)

出典:Yahoo!知恵袋

などという評価などがあったりと言いますが、結論から言うと悪くはないそう。

なるほど、筆者はドラムス・音楽に特別知識があるわけではないので専門用語で言われてもわからないですが、ドラムに知悉している人から見ても、「少なくとも下手ではない」ようです。

否定的な意見が出やすいインターネットという世界で否定的な意見が見られないだけでも、ほな・いこかさんが実力者であることは間違いないですね。

今度はタレント活動を始めるということですが、容姿だけでなくドラム技術もなかなかなのはすごいことですね。

ゲスの極み乙女・マイクロコズムの作品まとめ

最後にネット上でドラムスが光るとされている作品をいくつか。

マイクロコズムの作品も集めてみました!

ゲスの極み乙女

マイクロコズム

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする