眞子さまの婚約者である小室圭さんの両親や実家は?港北区にあるという話!

スポンサーズリンク

visual

先日16日にご婚約が発表された皇族の眞子内親王殿下(以下眞子さま)と小室圭さん。インターネットでも人気の高い眞子さまの婚約者である小室圭さんの家柄や実家は?

 

眞子さま・小室圭さんのプロフィール

眞子(まこ)内親王殿下(眞子さま)

 

mako1

 

眞子さまこと、眞子内親王殿下(ないしんのうでんか)は、日本の皇族の1人。秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第1女子。第125代今上天皇の初孫。身位は内親王。皇室典範における敬称は殿下。

1991年生まれ。学習院女子中・高等課を卒業。2009年に国際基督教大学(ICU:International Chiristian University)をAO入試で合格され、皇族が一般的に通われる学習院大学ではないところへの入学は大きな話題になりました。

2014年に国際基督教大学を教養課程の学位を卒業され、2016年まで英国のレスター大学大学院博物館学研究科で博物館学を学ばれ修士号を取得しています。

公務と共に東京大学総合研究博物館客員研究員や日本テニス協会名誉総裁なども行われています。

 

内親王(ないしんのう)とは?

内親王とは、皇族の女性につけられる称号で、今生天皇から直系で2親等以内の女性にのみ定められるものです。実際にはさらに殿下を付けてお呼びします。現在(2017年現在)は愛子内親王殿下、眞子内親王殿下、佳子内親王殿下の3人がいらっしゃいます。

 

小室圭(こむろけい)さん

komuro1

小室圭さんは法律事務員兼業大学院生。25歳。

国際基督教大学(ICU:International Chiristian University)を2014年に卒業後、銀行員に。法律事務所でパラリーガルとして働きながら一橋大学大学院国際企業戦略研究科に在籍し、経営法務を専攻しているようです。

TOEICは950点、在学中は個別指導塾でアルバイトをしていたようですね。

2010年度には、藤沢市観光協会が募集している観光大使「湘南江の島 海の王子」に選ばれており、こちらも話題になっていますね。同協会のホームページの自己紹介によると趣味はバイオリン、スキー、料理とのことです。

 

眞子さまとはICUで知り合い5年間交際されていらっしゃったようです。

 

小室圭さんの家柄は?

そもそも家柄ってなんだっけ?

そもそも家柄というのはなんぞやというのを少し整理します。

Wikipediaという2次ソースではありますが、これが最もわかりやすいでしょう。

 

祖先からの血筋という意味においては家系とも共通した概念であるが、今日的な家柄の概念は本来的な血筋の観念から家庭環境や職業、学力、経済力の水準をも含む広い捉えられ方をされることも多い。

出典:Wikipedia

 

つまり、長く続いている家系か否か?ということと、現在では家庭環境や経済力なども含んでいるんですね。

 

小室圭さんの家柄

 

まず、小室圭さんの親御さんですが、現在はお母様だけで、お父様はおなくなりになっているようです。

お父様の死因は病気であったと報道されていますが、どのようなお仕事に就かれていらっしゃったのかということはわかっていません。

 

大学時代は母子家庭の中で母と圭さんで働いて学費を稼いでいたという話もありますから、あまり経済力は良くはないようです。

 

 

このような背景で見ると仕事や学歴など圭さん本人の学力、能力は非常に秀でていますが、家柄という意味では非常に普通の家系であると言えるのではないでしょうか。

皇族との結婚ではよく家柄などの話題があがりますが、昔はともかく最近はこの家柄については本人がしっかりしていればあまり問題にはならないのかもしれません。

 

 

小室圭さんの実家は?

 

そんな小室圭さんの実家は港北区にあるという噂があります。

 

詳しいことは隠されているのでわかっていないようですが、自宅はマンションであり、お母様とお祖父様と圭さんの3人暮らしのようです。

 

小室さんが通われていたインターナショナルスクールの費用は学費だけで年間200万円、国際基督教大学(ICU)の学費も年間140万円。

私学の中でもトップレベルの高さになっていますが、家自体はそこまで裕福ではなく、母子共働きで学費を稼いできていたようですね。

 

お母様は佳与さんという方だそうですが、ケーキ店に務めながら、家庭を支えてこられたそうです。

 

今回の結婚では、同じマンションでも近隣の住民の方から祝福されていらっしゃったとのことで、お母様である佳与さん自身は同じマンションの女性住民に「(息子の圭さんが皇族の眞子様と)婚約することになりました。お騒がせするかもしれません。」と話すと、その女性住民もおめでとうございます。圭君には『よかったね』と言ってあげたい。と返されたということで、祝福を返されるお母様の人柄の良さがこのような会話にも伺えますね。

 

このような環境の中で育たれた圭さん。立派な経歴の裏には努力だけでなく温かい家庭があったようです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする