【衝撃】矢口真里、中村昌也からDV被害に合っていた?不倫・離婚の原因はそれだったのか

スポンサーズリンク

この記事は5分で読めます。

121775_400

2013年に離婚した矢口真里さんと中村昌也さん。中村昌也さんが13日に放送された読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」に出演した際に、矢口の成功を願っているという話が話題になっていました。

そんな話題について調べていると、矢口真里 中村昌也 DVのキーワードが。
矢口真里さんは実はDVに合っていたのでしょうか?
今回は改めて矢口さんと中村さんの離婚の原因を調べてみました!

 

2人のプロフィール

● 中村昌也

80688d93

中村さんは俳優、タレント。
大阪府大阪市淀川区出身。2007年から芸能界デビュー。所属事務所はワタナベエンターテインメント。D-BOYSの元メンバー。身長192cm、靴のサイズは29.0cm。

兄はNBLのつくばロボッツに所属するバスケットボール選手の中村友也。

趣味はスポーツで、中でもバスケットボールを特技としているそうです。
出演代表作として「ATARU」や「パズル」などドラマ・映画など。

 

● 矢口真里

2829690127_d61e0a047b

タレントで、ドリームモーニング娘。のメンバー。
身長144.8 cmと超小柄な女性です。神奈川県横浜市出身。

モーニング娘。系グループに所属し、アイドル活動をする一方で、バラエティなどでもワイプ芸人として主に活躍。映画・CMなどでも活躍しています。

 

離婚までの経緯

yaguchi1_s

今回は改めて、結婚から離婚までの経緯について調べてみました。

 

2人は2011年5月20日に結婚。
当時、2人は1年近い交際期間を経ていたと報道されており、3月に結婚予定だったのですが、震災から5月になっていたようです。

 

そんな2人は”格差婚”。すでに人気タレントであった矢口さんと、売り込み中の若手俳優である中村昌也さん。当時は高身長でイケメンの中村さんと小柄な矢口さんで”デコボコ婚”として話題になっていました。

しかし、子供を作りたい中村さんと、仕事をしてお金を貯めたい矢口さんの間ですれ違いの日々が起こり、週刊誌などでもその報道が多数出てくるようになった後、2013年頃にはすでに別居して生活するようになったのだとか。

20140618_gomaki_34
当時大きく騒がれた記事の一つ

最終的には2013年5月、矢口さんの不倫が発覚し、大きなニュースになったことで、離婚してしまいました。

しかし、離婚後、離婚の原因がどうやら中村さんのDVにあるという話が矢口さんとその母親から出てきているということで・・・。

 

本当に中村さんはDVをしていたのか?

20130905_minako_22

実はこの話、それはそれで信憑性のある話だったようです。

実は離婚直後の週刊誌などによるとすでに挙式3日後から大喧嘩があったよう。
しかし、ただの大喧嘩ではなく、中村さんの怒号が鳴り響き、何か鈍器で殴りつけるような音を近隣住民が聞いていたということがわかっています。しかも、矢口さんの「やめて、昌也さん」という声も聞こえてきていたようです。

その時は通報されなかったようですが、外の住民にも聞こえるほどの物音となると、相当の物音だったようですね。

このことが週刊誌などで外に漏れ出すと、中村さんの事務所が否定していたなどの情報が昨年5月末の週刊文春に出てたという話もありましたが、当時それは矢口側のやらせだったという噂もあります。

 

『フライデー』の矢口真里直撃で浮上した中村昌也のDV&金銭問題

「今月初めに発売された『婦人公論』(中央公論新社)9月22日号によると、挙式から2日後の深夜、ささいなことから夫婦ゲンカとなった際、中村に蹴られた矢口が台所に背中を打ち付けたというが、矢口の母親が語ったのはその時の傷のようだ。ほかにも中村のDVがあり、さらには、中村は金銭的にもルーズで結婚前に 矢口が借金を精算したが、結婚後にまた借金。そればかりではなく、滞納していた税金も矢口が立て替えたという。矢口のみならず、中村にも非があったようだが、中村サイドが離婚の際、『今回の件について、双方口外しないこと』との条件をのませたというから、矢口は何も言えない。それを見かねたのか、矢口サイドの関係者が同誌に情報を提供し、矢口の母親も“告白”に及んだようだ」(芸能記者)

 

『ミヤネ屋』生出演の矢口真里は、実母が撒いた「元夫・中村昌也のDV疑惑」をどう処理するのか?

「『フライデー』は、カラー4ページにわたり矢口と、その母親のインタビューを掲載。掲載写真の矢口が完璧にメイクを施していたことや、それまでメディアを避けていた母親が、急に中村批判をペラペラとしゃべり出したこと、さらに記事全体に『休養中だが、彼女からは“芸能人オーラ”が漂っていた』などと、“矢口上げ”の空気が漂っていることから、矢口サイドが仕掛けた“ヤラセ記事”と見る向きが強かった。いずれにせよ、現在も中村にDV疑惑が残っている以上、矢口はこの疑惑に触れるのが筋といえる」(芸能ライター)

 

その後、10月のミヤネ屋でも結局その件について触れられることなく終わっていました。

 

中村さんのDV疑惑はウソだった?

結局、やらせ記事だったようであるという見た目が多いこの内容。
しかし、結局それについて10月のミヤネ屋では語られず。
矢口さんは離婚の理由も不倫の理由も語りませんでした。

その結果、中村さんのDV説は矢口さんというよりほぼ事務所による中村つぶしだったのではないかというようにネットでは見られています。

とはいえ、不倫することになるほど何か鬱憤が溜まっていたのは間違いないわけで、まったくもって不満がなかったわけでもないのかもしれません。
しかし、謂れ無き批判にあった中村さんがそれでも矢口さんに幸せになって欲しいという発言に同意するというのはとてつもない男気ですね。

いずれにしても、これから2人がそれぞれの生活がうまくいって欲しいものですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする