知ってた?ソフトバンクのお父さん犬と北大路欣也の切っても切れない関係とは

スポンサーズリンク

top

北大路欣也、と聞いてピンと来ない人は多いかもしれません。少し前はもっと大勢いたかもしれませんが、最近ではあることがきっかけで、年代を問わず広い知名度を持っています。ソフトバンクのCMに出てくるお父さん犬です。

北大路欣也さんってどんな人だっけ?

1943年生まれの北大路欣也さんは、父親が東映の時代劇スター市川右太衛門ということもあり、時代劇俳優としてもキャリアがあり、忠臣蔵、子連れ狼、大岡越前などいろいろな舞台、映画に出演しています。

kitasann2

「半沢直樹」(TBS系)で「頭取・中野渡 謙」を演じる北大路欣也

さらに仁義無き戦いシリーズや、大河ドラマにも多数出演、現代劇も多く出ており、また最近では半沢直樹で、銀行の頭取として重厚な役を演じきるなど、役者として大きな名を残していて、2007年には紫綬褒章も受賞しています。

そういった重厚な役しかやらないのかと思いきや、ユーモラスな役も演じています。最近でいうなら、三匹のおっさん、というドラマで、定年退職後にやりがいを求めて地域を巡回するおっさん三人組の役を愛嬌たっぷりに演じもするのです。

実は「お父さん犬」もやってる北大路欣也

そしてなんといってもソフトバンクのCMキャラクターの「お父さん犬」の声が北大路欣也さんなのです。

img_jiro_ipad

ソフトバンクのCMといえば、上戸彩、黒人の兄、母、そして犬が父親という忘れられないインパクトを与えるCMですが、その犬の声をあてているのが北大路欣也です。
これによって、北大路欣也をよく知らない世代にも声が広まり、またその役柄のイメージによって、重厚で堅苦しくも見える北大路欣也をふっと親しみやすいイメージに切り替える効果もありました。

ソフトバンクのCMは、家庭の様子であったり、ちょっと家を出てサッカーをしたり、また雰囲気を変えて鉄腕アトムがどうだ、という話をしたりしています。最新ではギガという犬が出てきてもいますが、その中心にはいつもお父さん犬がいました。お父さん犬あってのソフトバンクのCMなのです。
ソフトバンクの飛躍とお父さん犬は切っても切れない関係ともいえるわけで、ともすれば北大路欣也のイメージが悪くなるかもしれないCMは、北大路欣也を連れて大きく飛躍したともいえます。

何気なく聞いてたお父さん犬の声ですが、こうやって役を知ると興味深いですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする