闘病中の北斗晶さん。その現在の状態や病状は?

スポンサーズリンク

ent1510030014-p4

プロレスラー同士のおしどり夫婦としてテレビで大活躍していた北斗晶さんの前に大きな敵が立ちはだかったのが2015年の9月。
乳がんで入院中であり、右胸全摘出手術をすることになりました。
その豪快で明るいキャラクターが印象的だったこともあり、世間に多大なる衝撃を与えることとなったニュースでした。

北斗晶さんとは

北斗晶(ほくとあきら)

2021422_201302060032035001360159268c

本名  佐々木 久子
身長 168cm
体重 70kg
誕生日 1967年7月13日(48歳)
出身地 日本 埼玉県北葛飾郡吉川町(現:吉川市)
所属 健介オフィス(代表取締役社長)

北斗晶さんは元プロレスラーのタレント。

1995年に現在の夫であるプロレスラーの佐々木健介さんと結婚して以降、マネージャー役としてプロレスに参戦するなど、「鬼嫁」としてよき母親、妻として人気を博しています。

一方で、2015年9月に乳がんで入院したことを発表しました。

北斗晶、現在は?

あれから半年が経とうとしています。
一時は病状悪化による死亡といったとんでもない噂が流れたこともありましたが、更新され続けるブログを見る限り、現在も闘病生活を送っているようです。

ganganstyleorgwpcontentuploads20121149e8cec99fa4d86d49c148c351bdd348jpg

その闘病生活や病状はブログやプロレスラーであり夫である佐々木健介さんの
発言から推測することができます。

佐々木健介さんは、妻の北斗晶さんが抗癌剤治療を受け続けていることをブログや、表彰式の場で明かしています。
最近あった表彰式では、現在までに抗癌剤治療を8回受けていて、それは苦痛を伴うものであったと語っています。
同時にそんな苦痛を伴う現状でも、できるだけ笑顔で過ごすことを心がけているということも明かしています。

そんな苦痛を伴う治療をしながらも北斗晶さんはブログを更新します。
そして元気であることを世間に発信しています。

退院してからの現在は…

2月19日に抗癌剤治療を終えて退院し、その後に微熱が出た後をブログで報告した北斗晶さん。
少し心配になるところですが、退院当日からブログでは食欲旺盛で元気な様子をアピールします。

001

出典:北斗晶公式ブログからのキャプチャー

退院当日は元気にうどんを食べている写真をブログにアップしましました。
翌日には昼食には牛丼を食べ、夕食はチゲ鍋やビビンバなどの韓国料理を平らげたことを報告しています。

元気な様子をアピールし、ファンを安心させようとしてくれる北斗晶さんですが、半年以上続いている治療の事を考えると、困難な道を歩んでいることが想像されます。
身体はもちろん、精神的にタフな北斗晶さんだからこそ耐えることができ、歩き続けることができる道なのかもしれません。

急いで走ることなく、ゆっくりと困難な道を歩き終えた後の北斗晶さんの笑顔をまたテレビで観たいものです。”

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする